平井里美の市議会とまち通信 はつ春号

年末年始、仕事や住まいを失って困っている方のための相談会が全国各地で開かれました。
6日間生活相談員として参加し、その後関係機関の皆さんとのフォローアップに関わっています。
支援の現場で、今の制度の限界に打ちのめされながら、それでも現場に駆けつけた国会議員やメディアの方に、相談者から直に現状を伝えてもらう機会が持てたのは大きな一歩だったと思います。
【平井里美の市議会とまち通信はつ春号】では、狛江団地で起きている「漏水放置問題」の内情をレポートしています。1960年代に建設された大規模住宅の、当時は想定されていなかった設備の老朽化と管理の問題。合理化の名の下に行われている管理の民間委託や建替えに向けての課題は、全国共通の問題です。
ぜひ、情報やご意見をお寄せください。